カテゴリー別アーカイブ: 動画でチェック格安SIM移行術

APNはどこで設定するの?(WindowsPhone編)


「格安SIM」を使う際、設定の肝となるAPNをどこで設定するか、第2回はWindows Phoneの場合です。

Windows Phoneでは、「設定」→「ネットワークとワイヤレス」→「携帯ネットワークとSIM」というところで、利用できるSIMの設定が出来ます。SIMの設定のなかに「インターネットAPN」という同様な設定をする項目があります。

「設定」はデフォルトだとスタート画面にピン留めされていないようなので、最下部の「すべてのアプリ」から探す必要があります。アイコンを長押しして「スタート画面にピン留め」を選んでおくと、のちのち便利でしょう。

Windows Phoneの場合、いまはSIMフリー機種ばかりと思われるので、あらかじめ主要「格安SIM」業者の設定が保存されていてもっと簡単に設定できる方法がありそうですが、とりあえず一般的そうなところを挙げておきます。

APNはどこで設定するの?(Android編)


「格安SIM」を利用する場合、SIMカードを挿入した後にネットワークの設定をする必要があります。

このAPNの設定は、「格安SIM」を利用する場合で最も重要であるにも拘らず最もどこで設定するのか分かりづらい項目でもありますので、その場所を動画で確認してみましょう。今回はAndroidの場合です。

Androidの場合、バージョンやハードのメーカーの違いによって、設定箇所の名称が若干異なってくることもあるのがややこしいところですが、大体同じような名称のところを選べば、設定の方法は同様になっています。

1)Android5.Xの場合

2)Android4.Xの場合

「APN」「ユーザー名」「パスワード」「認証タイプ」など、「格安SIM」業者のサイトに掲載されていたり新規契約のパッケージに同封されていたりする内容に従って、設定していきます。

3)auスマートフォンの場合

auから出ているスマートフォンの場合、APNに相当するものとしてCPAというものを設定するようになっている機種があります。その場合は、「モバイルネットワーク」のところで、「アクセスポイント名」の替わりに「高度な設定」を選択し、「CPA設定」のところを選びます。この際、「CPA接続」にチェックが入っていたり、WiFiがONであったりすると、設定が出来ませんので、注意してください。名称は異なりますが、「APN」「ユーザー名」「パスワード」「認証タイプ」など、設定する項目は変わりません。設定項目を保存したあと、「CPA接続」にチェックを入れると、接続が開始されます。

APN設定はいささか面倒ですが、もともとSIMフリーで売っているスマートフォンの場合は、主要な「格安SIM」業者の設定があらかじめ保存されていて、契約した業者をラジオボタンなどで選択するだけで設定完了できる場合もあります。