月別アーカイブ: 2016年3月

【速報】ワイモバイル or UQ mobileのiPhone5S、iPhoneSE、どっちを選ぶ?

[`evernote` not found]

【注記】
こんにち、iPhoneSEがワイモバイル及びUQ mobileから発売され、ワイモバイルのサイトからはiPhone5Sの取り扱いがなくなりました。当サイトは基本環境の変化に伴って記事を書き直していく方針をとっておりますが、この記事は書き直しで対応するのが困難と判断し、そのままとしておきます。

やや「格安SIM」とは論点がずれますが、iPhone6以降大型化して使いづらいという声も聞くようになったiPhoneにて、4インチ版iPhoneの復権と呼びたくなるような話題が重なりました。ワイモバイルでのiPhone5S取り扱い開始と、iPhoneSEの発売です。ワイモバイルはいわゆる「格安SIM」業者には入りませんし、iPhoneSEは従来3大キャリアの取り扱いとなるものですが、当サイトでは「通話重視・もしくはスマホに詳しくないというユーザーには『格安SIM』よりワイモバイルがお勧め」というスタンスをとっていますし、iPhoneSEをSIMフリーにて購入して使うという選択肢もあるかと思いますので、強引にこのテーマを扱ってみることとしました^^;。iPhone5Sのセット販売は、その後UQ mobileが追随しましたので、それについても補足したいと思います。

こんにちワイモバイルはソフトバンク株式会社の1ブランドという位置づけなのである意味当然の扱いと言えなくもないですが、従来3大キャリアがiPhoneを扱っているのに対してワイモバイルが取り扱っていないというのが一般的なコンシューマーに与える印象は、マイナス面があったかもしれないでしょう。そこへ古い機種とは言いながらも、ワイモバイルでiPhoneを取り扱うようになったというのは、それなりにインパクトがあったのではないでしょうか。また、上記のようなiPhoneの大型化に対して、コンパクトな機種として依然支持するユーザーも多いと言われるiPhone5Sであるという点も、これまで「iPhoneには興味があるけれども高い」と思っていた層にアピールするところが大きいのではないでしょうか。もっとも、iPhoneSEの発表によって、この面はやや風向きが変わったと言えなくもないところもありますが。

「通話重視・もしくはスマホにあまり詳しくない」というユーザーで、安くiPhoneを使いたいというニーズがある場合は、ワイモバイルのiPhone5Sを選ぶというのもありかとは思います。以前は、端末の2年間の分割払い額がそれに対応する割引額よりも多くて実質月額何百円(プランにより異なる)かの負担が発生しましたが、その後、2年間での分割払い額と割引額が同額となり、「2年縛り」を前提とすれば端末の負担は実質頭金100円(税別)のみとなりました。

いっぽう、iPhoneSEについては、iPhone5Sの焼き直しであると酷評する向きもありますが、チップセットについては6Sと同じものにアップグレードされたうえで金額も5Sより安くなっているので、「片手で収まるiPhoneを使いたい」というユーザーには受け入れられる要素が大きいのではないでしょうか。10分以上の通話が多い人や端末のスペックや実効速度にこだわるという人なら、こちらの方が魅力的に映るかもしれません。

当サイトは「格安SIM」がテーマなので、SIMフリーのiPhoneSEを購入した場合のことも考えてみましょう。16GBモデルで47,800円(税別)からとなるので、価格比較を前提として24(ヶ月)で割ってみた場合、2,000円弱となります。64GBモデルの場合は2,500円弱(税別)となります。データ通信や通話面で、従来3大キャリアよりも「格安SIM」を選んでこれ以上のコストダウンが見込めるようなら、SIMフリーのiPhoneSEを購入して「格安SIM」運用をしてみるというのも考えていいでしょう。SIMフリーのiPhone購入の場合初期投資が大きくなるというデメリットもありますが、Apple Storeでの購入の場合、現在使用しているスマホを下取りに出せば購入金額が割引となるサービスが展開されていますので、負担をある程度緩和できる可能性があります。

その後、iPhone5Sのセット販売には、ワイモバイルだけでなくUQ mobileも参入しました。UQコミュニケーションズはauの関連会社なのでauからの供給とみられ、いまのところ確認は取れていませんが、ワイモバイルの場合と同様SIMロックはされているだろうと推測されます。「2年縛り」によるぴったりプラン・たっぷりプラン・おしゃべりプランの契約が推奨されているようですが、その場合、割引後の端末代金の負担や毎月の支払総額など、ぴったりプランの場合はワイモバイルのスマホプランS・たっぷりプランの場合はワイモバイルのスマホプランMと似たり寄ったりになってくるようです。このたび新設される、月7GBの「L」プランのみ、基本料金上ワイモバイルより1,000円割安となり、幾分有利です。こんにちUQ mobileは最大2年間データ通信の容量を倍増するキャンペーンを展開しているので、データ通信の面ではややUQ mobileの方が有利になる場合もあるようですが、ワイモバイルの無料通話分に比べるとUQ mobileの方は新規設定されるおしゃべりプランを選んだとしてもかけ放題となる通話時間が半分にとどまっており、実効速度なども勘案すると、まだ全般的にはワイモバイルの方が有利であるように感じられます。なお、UQ mobileで「2年縛り」を前提にiPhone5Sを選ぶ場合も、端末代金は実質100円(税別)となるようです。

「格安SIM」業者レビュー(8)-Freetel

[`evernote` not found]

・通話かけ放題のFREETELでんわ、LINEなどのメッセージアプリの通信を課金対象外とするサービス、W増速マラソンなど、果敢に攻めているという印象。反面、玄人受けするが、素人には敷居が高いという印象を与えるのか?
・平日の昼間でも「格安SIM」とは思えない通信速度を維持しているなど基本的な面では優秀だが、付随的なサービスやサポート面で弱点を感じる
・SIMフリースマートフォンの製造元でもあるが、個人的には相性いまいち。製造コンセプトには面白いものがあるので、今後に期待

ひさびさの、自分が利用している「格安SIM」業者レビューです。昨年末に契約していながらレビューがずっと延び延びとなっていたFreetelについて、ようやく書きたいと思います。

これまでFreetelは1ヶ月に使ったデータ容量に応じて課金するという形態をとっていましたが、最近ほかの「格安SIM」業者でも一般的な、月で高速通信できる容量が決まっている「定額プラン」が追加されました。また、AppStoreからのダウンロードには課金をしないというFreetel SIM for iPhoneが別にあります。これは料金的には通常のプランと変わらない内容なので、SIMフリー・もしくはドコモのiPhone5s/5c以降の機種を使いたいという人はこちらを選んだ方がいいでしょう(iPadも対応しているようです)。私は、このFreetel SIM for iPhoneにてドコモのiPhone5Sを、通常のプランにてgeaneeのWindows10 Phone WPJ40-10を使用しています。どちらもデータ通信のみのSIMで「使っただけ安心プラン」です。

最近発表されたFREETELでんわによる5分以内もしくは1分以内の通話かけ放題はかなりのインパクトを感じましたが、そればかりではなくLINEなどのメッセンジャーアプリでのテキストメッセージやスタンプの送信を課金対象外にするサービス(これは既存ユーザーに対しても自動適用されているとのことです)、新規ユーザーに対してMNPかそうでないか・端末購入かそうでないかに応じて3ヵ月~1年間毎月1GB分の通信料を無料にするというキャンペーンを展開しているなど、最近のFreetelは果敢に攻めているという印象があります。その後通話かけ放題は「10分以内」に拡充され、ついに時間についてはワイモバイルと肩を並べるに到りました。

同様に、通信速度の面でも、「W増速マラソン」というキャッチコピーを謳い、ユーザー数増加に応じた設備増強を進めているようです。通例、「格安SIM」というと、始めは実効速度が速くても、それが評判となってユーザー数が増えてしまえば混み合って並みの「格安SIM」業者になってしまうというパターンがほとんどと言われますが、Freetelについては、平日の昼間都心で速度計測してみても、いまのところほかの「格安SIM」業者とは段違いの速度を維持しています(ただし、時間帯によってスピードテストの結果がよく出るようにされている疑惑がもたれているようです)。

こう書くといいことずくめのように感じられるFreetelですが、付随的なサービスとかサポート面で弱点があるように感じられます。例えば、ほかの「格安SIM」業者では比較的手続きが容易なデータ通信SIM・SMS機能付きSIM・音声通話SIM間の契約の切り替えが出来ないようです(「よくある質問」中でこの項目が見つかりませんでしたが、確か「一旦解約しなければならない」といった回答をどこかで見た記憶があります)。Wi-Fiや自宅回線とのセットとかポイント優遇とかいった要素もないので、玄人受けはするけれどもモバイルマニアでない層には敷居が高く感じられるということでしょうか。最近見かけた「格安SIM」に関するアンケートにて意外とFreetelの利用率が低かったのは、新興の歴史が浅い会社で知名度が低いほかにこういった面があるためなのかもしれません。

こういった要素のほか、使用容量によって毎月の支払金額が変動する料金プランが存在するので、個人的にはメイン回線として利用するよりも、サブ回線向きかな?と思っています。特に、auもしくはソフトバンク(ワイモバイル含む)をメインに使っているユーザーが、サブとしてドコモ回線でも利用できる端末を持ちたいというような場合には「使っただけ安心プラン」で利用するのをお勧めしたいように思っています。「定額プラン」はほかでも一般的な「格安SIM」利用のプランであり、料金的にも特に安いようでもないので、とりたてて言うほどでもないような気がします。強いて言えば、50GBプランまであるのが強みなのかもしれませんが、これとて10GBプラン以上は容量当たりの単価があまり割安とはいえない内容なので、10GBで2~5台使う方が現実的ではないか?と思ったりします。

Freetelブランドを展開しているプラスワン・マーケティングは、SIMフリー端末の製造元でもあります(現在はスマートフォンだけのようですが、過去にはWi-Fiルーターやガラケーの製品もありました)。製造コンセプトが面白そうなので自分でも買ってみたことがあるのですが、相性が悪いのか、自分にとってはいまいちでした^^;。初代Prioriは小型なのに惹かれて買ったもののスペックが低すぎて実用的でありませんでしたし、Windows10 PhoneのKATANA 01に到っては1ヶ月かそこら使ったところでブルースクリーンが出て使えなくなりました。まだ使い始めて日が浅いので優劣の比較は早計かもしれませんが、金額的に同クラスのgeaneeのWindows10 Phoneの方がずっと優れているように感じています。とはいえ、これだけ意欲的で、「格安SIM」業者と端末製造元を兼ねているという強みを持つところですから、まだまだ今後には期待したいと思っています。

「格安SIM」ユーザーが求めているのは総合力?

[`evernote` not found]

・MMD研究所「2016年3月格安SIMサービスの利用動向調査」についての感想
・インターネットによる調査結果なので、「格安SIM」利用率については割り引いて見た方がよい
・音声通話プラントップは楽天モバイル・データ通信プラントップはOCNモバイルONEとされるが、実質的なトップはやはりIIJmioだろう
・通信速度面で評価の高いUQ Mobile・Freeteは意外と利用率が低い
・運営元の知名度の高いところ・付帯的なサービスまで充実しているところがやはり強い?

今回は、MMD研究所が実施している「2016年3月格安SIMサービスの利用動向調査」についての感想を書きたいと思います。

この調査は、インターネットにて約35,000人から得た回答をまとめたものだそうです。このうちで「格安SIM」を利用しているというユーザーは11.5%だったそうですが、インターネットを利用したアンケートということで、ある程度IT系のスキルの高い層が母集団として想定されます。よって、これをそのまま「格安SIM」のシェアとみるのは早計でしょう。別のところの調査にて「格安SIM」のシェアがこの半分程度であったのを見た記憶がありますが、実態はそのぐらいかと思われます。

そんな理由で、「格安SIM」の普及状況を確認するうえでは注意を要する調査ではありますが、「格安SIM」業者の人気ランキングをみるうえではそれなりに興味深いものがあるかもしれません。

この調査結果ではOCNモバイルONEと楽天モバイルがユーザーの利用率1位・2位となっていて、IIJmioはその次の3位とされています。しかし、BIC SIMは実質IIJmioと同じで、DMM Mobileやリニューアルされたイオンモバイルもシステム面ではIIJmioであると言われているので、実質的なトップはやはりIIJmioであると考えていいでしょう。

個人的に意外だったのは、BIGLOBE SIMの利用率が比較的高かったのと、通信速度調査でしばしば「優等生」とされてきたUQ Mobile・こんにち「増速マラソン」を展開していて勢いを感じるFreetelの利用率がさほどでもなかった点でした。

BIGLOBE SIMの利用率が高いのは、初期導入パッケージがヨドバシカメラやAmazonなどで比較的安く入手できるからというためがあるのかもしれません。最近の速度計測の結果だとあまり思わしくないBIGLOBE SIMですが、一部のマニアを除けば他の「格安SIM」業者と速度比較をするような機会もなく、料金からしてそんなものかと思っている向きが多いのかもしれません。

料金プランがいまいちピンボケ感のあるUQ Mobileはともあれ、端末の製造元でもあり、昨今のFreetelでんわや1GB無料キャンペーンなどを始めとした通好みのサービスを次々と発表しているFreetelはもう少し利用率が高くてもいい気がしますが、反面「難しそう」というイメージを感じさせるのと、歴史の浅い会社で知名度が低いのとが影響しているのかもしれません。

OCNモバイルONEがデータ通信プランで利用率トップというのは、OCNの知名度の高さのほか、「OCN光サービス」や「050 Plus」といった関連サービスとセットで展開出来る強みなどもあるのでしょう。以前は大容量ユーザー向きでない弱みもありましたが、月10GBコースが新設され、その死角もなくなりました。

楽天モバイルが音声通話プランで利用率トップというのは、5分以内の通話かけ放題プランと関連があるとみられます。このプランがあるから利用率が高まったのか、逆に音声通話プランの利用者が多いためにかけ放題プランの導入に至ったのか、その前後関係はいまのところ私には判断がつきませんが。ほかに、楽天スーパーポイント目当てというユーザーもいるのかもしれません。

この調査結果をみると、「格安SIM」業者で人気が高いのは、単に「料金プランが安い」「通信速度が速い」というばかりではなく、ターボ機能やクーポンといった利用容量の節約できる機能があるか・セットで利用できるWi-Fiスポットがあるかといった事項からセット割・ポイント優遇のシステムといった付帯的なサービスに至るまで、総合的なサービスの充実しているところなのかな?という感想を持ちました。

【速報】やはりFreetelが通話かけ放題に参入

[`evernote` not found]

【注記】
その後、Freetelのかけ放題サービスは10分以内に延長されました。もっとも、内容的には分かりにくくなっている感があります。この記事を執筆した当時に比べるとFreetelのサービスはかなり変わっているところがあり、評価も違ってきています。当サイトは基本的には環境の変化に伴って記事を書き直していく方針をとっていますが、この記事を読み直した結果、書き直しは難しいと判断したため、そのまま残しておきます。

先日楽天モバイルの通話かけ放題オプションについて言及した際「IIJmioやFreetelも追随してくるかも」と書きましたが、その傍からFreetelの通話かけ放題プランの発表がされましたので、軽くビックリしました^_^;A

FREETELでんわアプリを利用した通話かけ放題オプションが3月25日よりサービス開始予定と発表されました。5分以内の通話がかけ放題で月額840円(税別)というのは楽天モバイルとだいたい同内容ですが、Freetelでは1分以内の通話がかけ放題になる月額399円(税別)プランというものも用意するようです(正確にはもう1つ無料で通話料が半額になるプランというものもありますが、これは従来の「通話料いきなり半額」と変わらないもののようなので、これは数に入れない扱いとします)

5分以内の通話かけ放題に関しては、金額面では楽天モバイルと同じようなものなので、評価もだいたい同じと考えていただいてよろしいかと思います(厳密には5分超過後の料金については記載がないので不明ですが、おそらく30秒10円だろうと推測されます)。同様の5分以内の通話かけ放題プランに関するかぎり、従来3大キャリアよりも有利な内容かと思われます。

しかし、Freetelという、いまいちばん勢いを感じる「格安SIM」業者がこの通話かけ放題に参入するということは、楽天モバイル以上のインパクトを感じます。現在私はiPhone5SとWindowsPhoneでFreetelを利用しており、いまのところレビューは書くゆとりがないままになっていますが^_^;A、「格安SIM」の弱点と言われる昼の時間帯でもいまのところ高い通信速度を維持しており、「設備増強マラソン」というキャッチコピーに偽りがないのを感じます。また、App Storeからのアプリダウンロードには課金しないFreetel SIM for iPhoneに加えて、LINEなどのテキストメッセージやスタンプなども課金対象外とするサービスも開始されました。動画や音声メッセージは対象外なのでたかが知れていると言えばそうですが^_^;A、このため私はLINE利用スマホをiPhone5Sに切り替えました。

通話かけ放題そのものについても、1分以内の通話かけ放題で安価なプランが用意されているのが楽天モバイルと比べても有利な点かと思います。もちろん長電話の多い人には不向きではありますが、あくまで事務連絡程度にしか通話しないという向きには、オプション料金からして有益となりうるのではないでしょうか。

ただ、この一見いいことずくめのFreetel通話かけ放題オプションですが、数量限定で恒常的なサービスとはならないようなのが弱点となりそうです。このFreetelでんわアプリの利用には、月額の出費のほかにパッケージの購入(および利用登録)が必要であり、その販売パッケージには「10万パッケージ限定」という触れ込みがされています。パッケージ料金は980円になると言われていますが(税抜き910円で発売されました)、利用登録の際キャンペーンコードを入力することによって、3か月間400円まで利用料金を値引きするという特典が用意されるというので、パッケージ料金そのものはさほどの問題とはならないでしょう。

もっとも、私個人はFreetelで通話SIMを利用していないユーザーで、1か月の通話料金が1分以内の通話かけ放題オプション料金程度にも達しないような状態なので、あまり利用してみたいとも思ってはいなかったりするのですが^_^;A

【速報】楽天モバイルは通話重視ユーザーの本命となるか?

[`evernote` not found]

IP電話アプリながら通話かけ放題サービスを導入したNifMoなど、「格安SIM」の弱点は通話という特質を克服しようという動きが顕著になりましたが、楽天モバイルも5分以内の通話がかけ放題になるというオプションを発表しました。私個人はあまり通話をしない人間でIP電話アプリに充分満足しているので、これをもって楽天モバイルを試そうという気にはならないのですが^^;、システムや料金についてのホームページでの説明を見る限り、これまで「格安SIM」導入をためらってきた通話重視ユーザーの受け皿たりえる可能性を感じます。

楽天モバイルのかけ放題サービスも楽天でんわアプリからの通話が必要となりますが、これはIP電話アプリではなく、プレフィックス番号を利用して安くする通話回線利用のアプリです。プレフィックス番号とは番号を非通知にする場合の「184」など、通常の電話番号の冒頭に付加する番号を指しますが、この番号の付加によって料金を安く出来る回線を選んで通話するという仕組みになっています。有名なものですと、IIJmioのみおふぉんダイアルやFreetelの通話料いきなり半額などと仕組みは同じです。楽天でんわ自体は楽天モバイル契約者でなくても利用可能ですが、5分以内の通話かけ放題オプションの利用は楽天モバイル契約者限定のようです。また、これまで楽天モバイルユーザーでない楽天でんわ利用者が新規に楽天モバイルを契約してこのオプションを利用する場合、一旦楽天でんわを解約する必要があるようです。

こんにち従来3大キャリアは5分以内の通話かけ放題のプランを設定しており、いずれも基本料金は1,700円(税別)となっているようです。これに対して、楽天モバイルの場合はオプションなので、通話SIMの基本料金にこのオプション料金を加算する必要があります。しかし、楽天モバイルは通話SIMの利用で加算される料金が概ね700円なので、オプション料金850円を足したとしても、まだ従来3大キャリアより安くなる計算となります(いずれも税別)。さらに、5分を超えた場合の通話料金も、プレフィックス番号利用なので30秒10円の設定となり、30秒20円の従来3大キャリアに比べて優位性があります。加えて、従来3大キャリアでは、この5分以内の通話かけ放題のプランを選ぶとデータ通信の容量がある程度大きいものにしか設定できないという落とし穴があるようですので^_^;A、データ通信部分でかなり差がつくものとみられます。長電話の多いという方の場合は、10分以内の通話300回までが基本料金に含まれているワイモバイルや従来3大キャリアの通話時間で制限のないかけ放題サービスを選んだ方がメリットが生じるということも出てくるでしょうが、同等の5分以内の通話かけ放題においては、少なくとも料金面で見るかぎり楽天モバイルの方が有利となることでしょう。

ただし、先ほども言及しているように、技術的にはすでにみおふぉんダイアルや通話料いきなり半額などと同じものなので、IIJmioやFreetelがいずれ追随してくる可能性も考えられます…と書いたら、この記事をアップして1週間もたたないうちに、Freetelが同様のサービスを発表してきたので、軽くビックリしました^_^;A。Freetelの場合は1分以内の通話がかけ放題になるというプランも追加されていますが、パッケージ購入という初期投資が必要になるのと、そのパッケージが数量限定になっているというのがネックとなるでしょう。ただし、初期投資分はキャンペーン対応によって吸収することが可能となるようです。こうなるとIIJmioも動いてくるかもしれません。IIJmioでは通話SIMを12か月以内で解約すると解除の手数料が発生するので、あわてて楽天モバイルやFreetelに乗り換えることもないのかな?という気がします。