月別アーカイブ: 2016年5月

【速報】「格安SIM」は緊急地震速報に対応しているの?


結論から先に言いますと、「端末が地震・津波警報システムに対応しているかどうかが問題であって、『格安SIM』であるかどうかは関係がない」です。

東日本大震災から5年のひと区切りを迎えた今年(2016年)、熊本地震も起こり、防災や地震対策などへも関心が高い人が多くなっていることと思います。

さて、従来3大キャリアのスマホでは、「エリアメール」「緊急速報メール」などといった名前で警告音や画面表示など地震の際の情報を受け取ることが出来ます。「格安SIM」を使っている場合ではこれらの情報を受け取れるのかどうか、気になる方もいらっしゃることでしょう。

こういった緊急地震速報を受け取れるのかどうかは、端末がこの地震・津波情報システム(ETWS:Earthquake Tsunami Warning System)に対応しているのかどうかによります。このETWSは、当初ドコモが開発したシステムですが、3GPPによって標準規格として採用されたものです。このシステムでは、宛先を指定せず、基地局から電波の届く範囲にあるスマホすべてに一斉に情報を送ります。ですので、「格安SIM」であろうがそうでなかろうが、ETWS情報自体はすべてのスマホが受信することが出来ます。

ただ、問題なのは、このETWS情報を表示したり警告音を出したりするのかどうかは、端末のメーカーの判断に委ねられているところにあります。そのため、従来3大キャリアの扱っている端末であれば、メーカーに対してETWS情報に対応するよう、あらかじめ要件に含んでいるのだろうと思われるのですが、SIMフリースマホの場合はそういう拘束がないのだろうと考えられます。ETWS対応しているのかどうかはそれぞれのメーカーで明記している場合もほとんどないようなので、確認するのは難しいですが、「モバイルガジェット東京03 格安SIM比較紹介所」というサイトで各メーカーに問い合わせた結果では、ASUS、VAIO Phone、ALCATELといったメーカーは対応していて、FREETEL、HUAWEY、ZTEといったメーカーは非対応であるとの回答を得ているようです。

SIMフリースマホではなく、ドコモ・auスマホの中古に「格安SIM」を挿して使っているという場合は、概ねETWS対応出来ていると考えていいでしょう(ソフトバンクスマホの場合はそのままだと「格安SIM」では使えませんが、SIMロック解除手続きが可能な機種であれば、同様に対応可能であると思われます)。5月16日夜茨城方面で地震のあった際、私の使用しているスマホで警報・地震情報表示などがされたのは、ワイモバイルのAQUOS Phoneを除けば、FREETELのSIMを挿しているドコモiPhone5S、BIGLOBEのSIMを挿しているGalaxy Note2、UQ MobileのSIMを挿しているXPERIA XLといったドコモ・auスマホの中古すべてで、SIMフリースマホはすべて無反応でした。

ですので、緊急地震速報を受信したいというニーズを持っている「格安SIM」ユーザーは、ドコモないしauのスマホの中古を入手して使うか、独自でYahoo!防災速報やTwitterの地震速報などのサービスに対応できるよう、準備しておく必要があるでしょう。

速度定点観測@こすぎ編(22)


川崎市中原区近辺における、5月15日(日)12時45分前後の速度計測結果となります。

お昼の時間帯ですが、LTEはいずれも比較的堅調です。特に最近いいところのなかったBiglobeの復調ぶりが目立ちます。逆に3Gがイマイチのようです。特にワイモバイルがいつになく遅いです。まだ3G巻き取りには早いと思うのですが。そろそろLTE切り替え後の体制をどうするのか、いろいろ楽しみな時期となってきましたw

1)LTE速度比較
UQ mobile Down 12.35Mbps Up 12.64Mbps
biglobe sim Down 17.78Mbps Up 10.99Mbps
Freetel sim Down 20.72Mbps Up 20.65Mbps
スマオフ Down 9.63Mbps Up 6.54Mbps

2)3G速度比較
iijmio Down 2.33Mbps Up 0.39Mbps
ワイモバイル
 Down 3.85Mbps Up 0.02Mbps

3)低速モード(規格値0.2~0.25Mbpsのもの)比較
UQ mobile Down 0.08Mbps Up 0.42Mbps
iijmio Down 0.53Mbps Up 0.37Mbps

それぞれ、使用機器は以下のとおりです。

LTE速度比較
UQ mobile Xperia SOL21
biglobe sim Galaxy Note 2
Freetel sim iPhone5S
スマオフ FLEAZ POP 

3G速度比較
iijmio acer Liquid Z200
ワイモバイル Aquos Phone ef(いわゆる「SIMだけの契約」ではありません)

低速モード比較
UQ mobile Xperia SOL21
iijmio acer Liquid Z200

同じ時間帯でも計測結果にはそれなりに振幅がありますので、あくまでも個人的な環境による参考資料とお考えください(複数回計測を行なった場合は、ダウンロード速度の速かった方を優先して掲載しています)。

APNはどこで設定するの?(WindowsPhone編)


「格安SIM」を使う際、設定の肝となるAPNをどこで設定するか、第2回はWindows Phoneの場合です。

Windows Phoneでは、「設定」→「ネットワークとワイヤレス」→「携帯ネットワークとSIM」というところで、利用できるSIMの設定が出来ます。SIMの設定のなかに「インターネットAPN」という同様な設定をする項目があります。

「設定」はデフォルトだとスタート画面にピン留めされていないようなので、最下部の「すべてのアプリ」から探す必要があります。アイコンを長押しして「スタート画面にピン留め」を選んでおくと、のちのち便利でしょう。

Windows Phoneの場合、いまはSIMフリー機種ばかりと思われるので、あらかじめ主要「格安SIM」業者の設定が保存されていてもっと簡単に設定できる方法がありそうですが、とりあえず一般的そうなところを挙げておきます。

速度定点観測@こすぎ編(21)


速度定点観測、ひさびさにこすぎで実施してみました^^;

川崎市中原区近辺における、5月5日(祝)15時25分前後の速度計測結果となります。ひさびさなので、それぞれのSIMでの使用機器に異同があったりします。

時間帯としてはそんな悪くはないと思うのですが、こすぎとの相性なのか、先日の新宿に比してLTEが軒並みスピードが出ないようです。新宿でもそうでしたが、Biglobeがずっと絶不調です。期間限定で3ヵ月基本料金無料のキャンペーンを展開しユーザー増加を図っているようですが、設備増強がそれに伴っていないということでしょうか? Biglobeほどではありませんが、IIJmioやFreetelなどもいまいちのようです。いまとなっては新規ユーザーの獲得に積極的とは思えないスマオフが最速という皮肉な結果が出ました^^;。

1)LTE速度比較
UQ mobile Down 9.65Mbps Up 13.02Mbps
biglobe sim Down 2.27Mbps Up 15.61Mbps
iijmio Down 3.03Mbps Up 5.58Mbps
Freetel sim Down 5.60Mbps Up 22.82Mbps
スマオフ Down 10.00Mbps Up 19.82Mbps

2)3G速度比較
iijmio Down 3.48Mbps Up 0.40Mbps
dmm mobile Down 3.08Mbps Up 0.40Mbps
ワイモバイル
 Down 7.70Mbps Up 3.34Mbps

3)低速モード(規格値0.2~0.25Mbpsのもの)比較
UQ mobile Down 0.32Mbps Up 0.40Mbps
dmm mobile Down 0.41Mbps Up 0.21Mbps
iijmio Down 0.47Mbps Up 0.53Mbps

それぞれ、使用機器は以下のとおりです。

LTE速度比較
UQ mobile Xperia SOL21
biglobe sim Galaxy Note 2
iijmio MEDIAS tab N-06D
Freetel sim iPhone5S
スマオフ FLEAZ POP 

3G速度比較
iijmio ファーウェイS42HW(Smart bar)   
dmm mobile iPhone4S
ワイモバイル Aquos Phone ef(いわゆる「SIMだけの契約」ではありません)

低速モード比較
UQ mobile Xperia SOL21
dmm mobile
 iPhone4S
iijmio MEDIAS tab N-06D

同じ時間帯でも計測結果にはそれなりに振幅がありますので、あくまでも個人的な環境による参考資料とお考えください(複数回計測を行なった場合は、ダウンロード速度の速かった方を優先して掲載しています)。

APNはどこで設定するの?(Android編)


「格安SIM」を利用する場合、SIMカードを挿入した後にネットワークの設定をする必要があります。

このAPNの設定は、「格安SIM」を利用する場合で最も重要であるにも拘らず最もどこで設定するのか分かりづらい項目でもありますので、その場所を動画で確認してみましょう。今回はAndroidの場合です。

Androidの場合、バージョンやハードのメーカーの違いによって、設定箇所の名称が若干異なってくることもあるのがややこしいところですが、大体同じような名称のところを選べば、設定の方法は同様になっています。

1)Android5.Xの場合

2)Android4.Xの場合

「APN」「ユーザー名」「パスワード」「認証タイプ」など、「格安SIM」業者のサイトに掲載されていたり新規契約のパッケージに同封されていたりする内容に従って、設定していきます。

3)auスマートフォンの場合

auから出ているスマートフォンの場合、APNに相当するものとしてCPAというものを設定するようになっている機種があります。その場合は、「モバイルネットワーク」のところで、「アクセスポイント名」の替わりに「高度な設定」を選択し、「CPA設定」のところを選びます。この際、「CPA接続」にチェックが入っていたり、WiFiがONであったりすると、設定が出来ませんので、注意してください。名称は異なりますが、「APN」「ユーザー名」「パスワード」「認証タイプ」など、設定する項目は変わりません。設定項目を保存したあと、「CPA接続」にチェックを入れると、接続が開始されます。

APN設定はいささか面倒ですが、もともとSIMフリーで売っているスマートフォンの場合は、主要な「格安SIM」業者の設定があらかじめ保存されていて、契約した業者をラジオボタンなどで選択するだけで設定完了できる場合もあります。

速度定点観測@新宿編(3)


ひさびさの速度定点観測は、新宿編の3回目です^_^;A

東京都新宿区近辺における、5月3日(火)13時00分前後の速度計測結果となります。今回は別の所用で荷物が多いので、必要最小限の手持ち機器のみによる測定です。

ひさびさにまとまった「格安SIM」業者の比較計測をやってみましたが、UQ mobileがやや復調しているように感じられました。それに比してbiglobeがどうしようもない感じになっています-_-;。スマオフも決して速くはないですが、3G時代に悪い数値ばかり見せられたせいか、これならまぁイイかと思わされてしまいます^_^;。数値上最速はFreetelですが、ここは時間帯によって小細工をしているらしいという噂なので、額面通り受け取っていいのか気になっているところです。

3GはIIJmioの数値がひどいことになっていますが、これは機器の問題なのでしょうか? クーポンをOFFにしている場合と特に変化がないです。クーポン残量めちゃくちゃあるんですけどね^_^;。

1)LTE速度比較
UQ mobile Down 13.89Mbps Up 12.18Mbps
biglobe sim Down 1.75Mbps Up 1.70Mbps
スマオフ Down 3.22Mbps Up 4.36Mbps
Freetel sim Down 15.48Mbps Up 4.46Mbps

2)3G速度比較
iijmio Down 0.10Mbps Up 0.08Mbps
ワイモバイル Down 10.62Mbps Up 3.59Mbps

それぞれ、使用機器は以下のとおりです。

LTE速度比較
UQ mobile Xperia SOL21
biglobe sim Galaxy Note 2
スマオフ covia FLENZ POP CP-L42A
Freetel sim iPhone5S

3G速度比較
iijmio ファーウェイS42HW(Smart bar)
ワイモバイル Aquos Phone ef(いわゆる「SIMだけの契約」ではありません)

同じ時間帯でも計測結果にはそれなりに振幅がありますので、あくまでも個人的な環境による参考資料とお考えください(複数回計測を行なった場合は、ダウンロード速度の速かった方を優先して掲載しています)。

【速報】SIMフリースマホの中古にご用心


「格安SIM」業者の台頭によって、「格安SIM」で利用できるSIMフリースマホも数多く売られるようになりました。「格安SIM」業者がSIMカードの契約とセットで購入できるようにしているケースも、ごく普通のこととなっています。

もっとも、SIMフリーのスマホを購入する場合は、端末への初期投資が必要になることとなりますので、毎月分割払いのうえ割引サービスが導入されていて実質的な負担額が軽くなっているケースも多い従来3大キャリアの場合よりもやや壁が高く感じられる向きも多いでしょう。だからといって端末代金に分割払いを選択すると、回線契約上では束縛されていないとしても、端末代金の支払いが存在するため実質「2年縛り」とあまり変わらない結果になるというジレンマが生じます。

そのため、私個人は、コストダウンを目当てとして「格安SIM」導入を考える場合は、既存の手持ちの端末を有効利用して初期投資を抑えることをお勧めしていますが、ソフトバンクのSIMロック解除できない端末など、「格安SIM」では利用できない端末を使っている場合では、そのような方法をとることができません。

その場合、中古の端末を購入することで初期投資を軽くするという方法も思い浮かぶことでしょう。中古端末の販売店で売られている端末は、やはり絶対量の違いからか従来3大キャリアのものが大半ですが、最近はSIMフリーの端末も目に付くようになりました。ドコモの中古であればほとんどの「格安SIM」業者で問題ないとしても、やはりSIMロックが気になるので、SIMフリーの端末を購入したいと考えたくなる人も多いでしょう。

しかし、昨今、SIMフリーのスマホを標的とした詐欺が横行するようになっているという報道が目につくようになりましたので、注意が必要です。その報道によれば、詐欺犯はSIMフリーのスマホを分割払いで購入したあと転売し、端末代金は踏み倒してしまうため、丸儲けになるそうです。その結果、転売されたスマホは製造番号から代金未納の端末と判断されてロックがかかり、中古端末購入者が使えなくなるという被害を受けるということです。

従来3大キャリアの端末であれば、それぞれのサイトから製造番号を入力することによって、その端末に対する支払い状況をトレースできるので、そのようなリスクを著しく軽減することが可能ですが、SIMフリーのスマホの場合そのようなチェックを出来る体制が整っていないため、詐欺犯はこの点を悪用したのだといわれています。

従来3大キャリアの販売している端末の中古の場合は、中古端末の販売店でもオークションサイトなどでも、親切なところだとネットワーク利用制限の状況を明記していて、リスクのある場合はその分安くするという措置をとっています。

「ネットワーク利用制限:△」となっている場合は、概ねその端末の代金が完済されていないということを示しており、将来その端末の前の持ち主が端末代金を滞納するようなことがあったときには端末にロックがかかって使えなくなるというリスクが存在します。ネットワーク利用制限が「○」であったとしても、その後その端末の前の持ち主が契約で不正をしていたと判明した場合は「×」となることもあるそうなので、「○」だから100%問題が発生しないとはいえないとのことですが、基本的には「ネットワーク利用制限:△」の端末を避けるようにしておけば大丈夫でしょう。

また、従来3大キャリアなど、一定金額を支払っていれば端末を紛失した際などに同じ端末を入手できるという保障サービスが利用できる場合がありますが、これを悪用しているケースも存在するようです。つまり、端末を紛失したと嘘の申告をして同じ端末を手に入れ、元の端末を転売するようなケースです。ただ、この場合は一度SIMカードを入れて動作確認していれば分かると思われるので、ちゃんとした販売店やオークションサイトなどで購入していれば問題は発生しないでしょう。保証書がついていない場合はこの保障制度の悪用を疑ってかかるべきだとするサイトもありますが、実際には保証書をなくしてしまうような人も多いようですし、私自身も保証書のついていない中古をそれなりに買ってはいますが、これまでそのようなケースには遭遇したことがないです。