【速報】ドコモとauの階段式準定額制プランはおトクなの?


いわゆる「格安SIM」の範疇からは外れたところですが、auの「ピタットプラン」に続き、ドコモが階段式の準定額制プラン「ベーシックパック」「ベーシックシェアパック」を2018年5月25日より提供する旨、発表されています。

従来のプラン同様、月5GBを超えたら次は20GBになってしまうという極端な刻みになってしまっていて、月5GBを超過する場合は月20GBの定額プランより高額の支払いになってしまう弊害が指摘されています。特にドコモのプランの方が階段の設定が少なく値段の変わり方が大きくなるので、石川温さんなどは逆にドコモが儲かるシステムになってしまうのではないかと批判していますが、実際のところ一般的なユーザーの少なくとも過半数は月3GB程度ぐらいまでにデータ利用量が収まっていると言われ、そのような人向けのプランだと考えた方がいいでしょう。

従来3大キャリアの料金は、基本料金の他に端末の支払いや割引等も複雑になっているので、実際に支払う金額がどうなるのかは読みづらい側面があります。最近は一概に言えない面も出てきていますが、「格安SIM」の方が金額の分かりやすさの面でまだ分があると言えるでしょう。実効速度の速さ遅さに対する受け取り方も人それぞれによって異なるでしょうから、従来3大キャリアと「格安SIM」、どちらを選んだ方がいいのかという問いには答えづらい時代となりました^^;

とは言え、モバイルにとりたてて関心の高くない・かつ動画閲覧とか大容量のダウンロードとかをモバイル環境で行わないような人は、やはり従来3大キャリアないしワイモバイルを選んでおくのが穏当なのかな?という印象です。単純に料金プランだけを見ると月10GB程度利用するユーザーであれば「格安SIM」が狙いめであるようにも感じられますが、ある程度ヘビーユーザーに位置すると考えられるこのユーザー層が「格安SIM」の実効速度に満足できるのかどうかという疑問が発生するからです。ドコモスマホ利用者であるなど検証可能な環境であれば、あらかじめプリペイドSIMなどを使ってみるなどのテストはしておいた方が望ましいでしょう。

かねてよりの私の持論が入ってきますが、「格安SIM」のメリットは、料金面よりも利用環境に対するカスタマイズの自由度の高さといったところにシフトしていくのではないか?という印象を受けます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)