【速報】もう、目先の「安さ」で目を惹く商売は止めるべきでは?


楽天モバイルのスーパーホーダイ値下げのニュースには、甚だ失望しました。「2年間ずっと月額基本料1,480円~」というキャッチコピーで目を惹きながら、よく見ると契約期間は3年という条件になっているという、相も変わらぬユーザーに誤解を生じさせかねない書き方になっているからです。

これについては日本経済新聞のウェブ版が採り上げていますが、楽天会員が月2GBで3年契約の場合の最初の2年の基本料金が1,480円ということで、3年目は2,980円ということです。一般的なケータイの利用契約に比べて1年余計に拘束されるデメリットがあるのに拘わらず、目先の金額表記で目を惹こうとするやり方は、この業界のイメージを悪くするだけなのではないか?と危惧されます。

加えて、実質的な面でも、これまで新規契約時に適用のあった20,000円のキャッシュバックがなくなるため、3年契約でも安くなるのは4,000円に留まるとのことです。楽天の大尾嘉執行役員は、自社回線を導入する2019年秋までに契約件数を現在の倍にすると強気の姿勢を示しているようですが、その目玉政策がこれであるなら、あまりにお寒いという印象を禁じえません。

以前、楽天モバイルについては、「楽天会員を増やすための施策の一環で、楽天モバイル単体での収益にはあまり期待していないのかもしれないが、『格安SIM』事業単体で収益を得られにくい昨今、他事業との相乗効果を狙うのが今後のこの業界の目指すべき方向性の1つなのではないか」というような趣旨で書いたことがありますが、ちょっと買いかぶりすぎたのかな?という気もします^^;

こんにち、楽天モバイルに限らず、ワイモバイルもUQ mobileも、「月々1,480円」というのを前面に押し出した広告表示をしていますが、よく読むと「2台目以降の家族割適用時」とか「自宅ネット環境とのセット割」とかの条件付きで、別に単体での契約の基本料金が安くなっているわけではないのが判明します。こういった誤解を招く表現はもう止めるべきではないかと思います。

こんにちの「格安SIM」業界は、「安さ」を売りにした過当競争で、よほどの大手でも儲かっていないという消耗戦状態になっています。もういい加減、ターゲット顧客を絞って値段以外の訴求ポイントを見出す段階に入らないと、業界自体の将来性が危ぶまれるのではないかと、個人的には気がかりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)