【速報】中古スマホのSIMロック解除対応が2019年7月より義務化


「格安SIM」の普及を考えるうえで大きなインパクトを与える話題が、先日日経新聞にて報じられました。それによると、2019年7月より、総務省が中古スマホについてもSIMロック解除の対応を義務づけるということです。

これまで、一時期auのみ購入者本人以外のSIMロック解除に対応していましたが、こんにちでは従来3大キャリアのSIMロック解除対応は概ね「2015年5月以降発売の機種について購入者本人の申込み限定」となっているため、大半の「格安SIM」回線がドコモ回線を利用している関係でドコモの中古スマホについてはほとんど「格安SIM」の利用には支障が出ませんでしたが、auとソフトバンクの中古スマホにはほとんど門戸が開かれていない状態となっています。au回線を利用した「格安SIM」サービスは比較的早くから存在しましたし、昨今ソフトバンク回線を利用した「格安SIM」サービスも増えつつある状況ではありますが、auやソフトバンクにおいてはSIMカードの種類がドコモより複雑になっているという事情もあるのか、au VoLTE機種についてはau回線を利用した「格安SIM」サービスにおいてもSIMロック解除が必要だったり、ソフトバンクの中古スマホがソフトバンク回線を利用した「格安SIM」サービスにおいても比較的最近の機種でなければSIMロック解除をしないと使えないといった制約が多く、先日当サイトにおいても「中古スマホのSIMロック解除に対応しなければ問題は根本的に解決しないのではないか」と書いたばかりでした^^; ともあれ、「中古スマホを買ってきても使える『格安SIM』サービスがありませんでした」という事態が大きく低減される見込みが出てきたことは歓迎すべきところです。

この記事によると、SIMロック解除に対応する機種は2015年5月以降発売の機種のままで、本人以外であっても対応するという内容に変わる見込みだそうです。SIMフリー化出来るとなれば、「ドコモの中古スマホを購入したのでドコモ回線を利用した「格安SIM」サービスを利用する必要がある」といったような制約はある程度解消され、選択肢は広がることでしょう。ただし、それぞれのスマホが対応している周波数帯の事情もあるため、完全に自由とはいかないと考えられます。例えば、auスマホは対応している周波数帯が独特のため、ドコモやソフトバンクの回線を利用した「格安SIM」サービスではつながりにくいといった状況が想定されます。そのため、auスマホはau回線を利用した「格安SIM」サービスを、ドコモ及びソフトバンクのスマホはドコモ回線もしくはソフトバンク回線を利用した「格安SIM」サービスを選ぶ方が望ましいという問題は残るものとみられます。まだまだ組み合わせには制約があり、分かりづらいと思う人は出てくるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です