【速報】「格安SIM」整理をしました^^;


このところ第2blogの方がメイン活動になっているためもあり、「格安SIM」関連は疎かになる傾向があります^^; 特記するほどの話題も出てはいないかと思いますが。

そんななか、月々の出費を抑制するためもあり、今年春に続いて再び使用頻度の低い「格安SIM」業者の整理を行ないました。

また、ワイモバイルも更新月を迎えたため、スマホの契約は解除しました。とりあえず副回線扱いだったPHSのみ、当座の通話用として残しています。2020年にPHSは消滅するので、それまでにケータイ機種へ乗り換えるかスマホ利用に戻すか、あるいはIP電話アプリのみに割り切るか、決めたいと思っています。個人的にはあまり通話回線は利用していないのでIP電話アプリだけに変えたいのですが、自宅の固定回線も廃止したいと思っているので、緊急電話等対応していないものも存在しているIP電話だけに限るのはなかなか踏ん切りがつかないところです^^; LaLa Callなんかは使用機種変更する際、本人確認のためコールバックが必要だし、IP電話はピンで使えない要素が残っています。

現時点では、IIJmioがSIM3枚のファミリーシェアプランで20GBの大容量オプションをつけているので、概ね自宅利用も含めてこれで賄えているという印象です(スマホ用・タブレット用・WiFiルーター用各1枚)。ただ、IIJmioだけでは回線が混んできた場合心許ないので、その備えとしてUQ Mobileを残しています。ワイモバイルに比べると実効速度面で見劣りする感のあるUQ Mobileではありますが、データ通信のみ1,000円程度の維持費で済むという点でサブ回線には適していると思っています。

その他、最古参の「格安SIM」であるServersMan SIMも、維持費800円程度でもあり残しています。IIJmioやmineoなどのいわゆる「低速モード」よりは体感速度が速く感じられるので、動画やストリーミング等に使わないかぎりはそんなに困らないという印象です。また、ストリーミング専用機に使ってきたスマホを破損した関係で残念ながらOCNモバイルONEも解約してしまったので、古いauスマホをストリーミング専用機として再登板させ、その機種用にmineoはAプランのみ残しました。以前に比べると節約モードが遅くなっているような気はしますが^^;、用途限定なので月3GBで充分だろうと思っています。自宅WiFiで使っているタブレットがまさかのau VoLTE機種だったので、2019年夏のSIMロック解除対応義務化に期待して、こちらに挿し替えるかもしれません。

以上、現在ではIIJmioに6,000円程度、ワイモバイル・UQ mobile・Servers man SIM・mineoにそれぞれ1,000円前後支払う感じになるので、いちおう毎月の通信費は10,000円前後ぐらいに留まる見込みとなりました。まだ多いだろうと感じる人もいるかもしれませんが、このなかで自宅ネットも賄っているので、それを考えれば決して高いとは言えないだろうと思います。さて、来年以降はどうしていくことになるのでしょうか^^;?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)