【速報】IIJmio、ケータイプラン開始


「格安SIM」最新事情に疎くなりがちな昨今ですが^^;、たまたまIIJmioサイトに用があってアクセスしたら、「ケータイプラン」なるものが登場していて、目を惹きました。

ケータイプランは、待ち受け利用を主体としたユーザー向けの音声通話とSMSだけのプランで、ガラケーでも使えるというのが売りになっています。基本料金は920円(税別)で、通話料金やSMS送受信は別料金となります。ただ、みおふぉんダイヤルは利用可能で、利用すれば通話料金が30秒10円になり、通話定額オプション利用(スマホのプランと内容は同じ)にて10分までの通話し放題が可能となります(ガラケーの場合はアプリ利用ではなく、プレフィックス機能付加などで規定の番号を頭につけて発信する必要がある)。

もっとも、昨今ではガラケーでもLINE利用のニーズがあるなどデータ通信なしでワイモバイルなどと勝負になるのだろうかと気になりましたが、こんにちのワイモバイルのプランを見ると、通話のみの基本料金が934円(税別)でデータ通信を利用するためには別途300円のベーシックパックが必要になるなどあるので、通話定額オプションの内容や音声通話契約による縛りの期間の長短などIIJmioの方が有利な面も多々あり、IIJmioを選ぶ人も一定数いそうな印象です。

ただ、ケータイであってもVoLTE対応機種を採り入れているワイモバイルに比して、技術が3G依存となるので、将来的な面で心細い感がないでもないです^^; また、ガラケー対応を売りとしているものの、ガラケーのユーザーがSIM差し替えその他の手間を煩雑と受け取って敬遠するのでは?という気もします。「データ通信はタブレットやスマホで、通話はガラケーで」という2台持ちユーザーへの訴求を意識している記述がありますが、それにしては利用できるSIMカードが1枚とされているのも不可解です(データ通信を他社でしているユーザーの取り込みを狙っているのか?)。

ユーザーの動きが読めないところもありますが、今後の成否を見守ってみたい内容です。