「格安SIM」業者レビュー(2)-UQ mobile


・ぴったりプラン・たっぷりオプション(現たっぷりプラン)の導入後、立ち位置がワイモバイルに近づいている? 現在では「2年縛り」契約メインで、SIMカードだけの契約は「おまけ」扱いになっているかのような印象
・SIMカードのみの契約の場合は、「auのLTEスマートフォンが使える」という以外のメリットはあまりない。先発のmineo・後発のIIJmioの方がサービス面などでは充実している感はあるが、2015年11月よりターボ機能やデータチャージなどのサービスが付加され、やや使い勝手が向上した
・実効速度の面では意外に高評価も。サブ回線としてはそれなりによさもあるか。個人的な速度計測の印象では、ドコモ回線業者に比べて極端に速くもならないが極端に遅くもならないという感じ。ただし、ターボ機能OFFの場合はコマーシャルのキャッチコピー「SNSも音楽も使い放題」に違和感を感じるレベル

私的な「格安SIM」業者レビュー、第2回はau回線の「格安SIM」業者という意味で貴重なUQ mobileを採り上げます。ちなみに、私はInfoBar A02を、月3GBまでのデータ通信専用のプランにて利用しています。

auのLTEスマートフォンをSIMロック解除なしで利用できるという点では貴重なUQ mobileですが、以前にも書いたとおり、それ以外の面ではサービス内容で物足りないという感があります。2015年11月にターボ機能やデータチャージのサービスが追加されやや改善された感はありますが、「2年縛り」を伴わないSIMのみの契約の場合については、データ高速プランが月3GBまでの1本しかなく、データ無制限のプランは500kbpsに留まっているなど、ヘビーユーザーには向かない内容かと思われます。当初mineoはデータ通信のみでも最低利用期間が存在するという制約がありましたが、2015年7月にMNP転出の場合を除いてその制約が一気になくなったため、その面でもメリットは減じたといえるでしょう(なお、UQ mobileはぴったりプラン・たっぷりプラン・おしゃべりプランの場合に「2年縛り」が存在し、データ高速プラン及びデータ無制限プランでは音声通話付加の場合のみ最低利用期間12ヵ月)。

その後、無料通話分を基本料金に加えたぴったりプラン・たっぷりオプション(現たっぷりプラン)というものが発表されました。また、5分以内かけ放題となるおしゃべりプランも導入されましたが、これらは端末セット購入を伴う、いわゆる「2年縛り」が存在する内容です。2017年3月、月7GBまで使える「L」プランも加わりましたので、従来中途半端な感のあったデータ通信容量は他社に比べてひけをとらない内容となるようです。もっとも、これらはすべて端末購入を伴う「2年縛り」契約となるため、依然SIMカードのみの契約は可能とはいえ、ユーザーの扱いという面ではかなり格差が出来ているように感じられます。

2015年10月、運営会社の吸収合併に伴って、UQ mobileはWiMAXと同じ会社での取り扱いとなりました。同じUQブランドなのにいままで別だったのはなぜ?という気もしないでもないですが^_^;A、その後、ぴったりプラン・たっぷりオプションが導入され、iPhone5Sのセット販売も開始するなど、UQ mobileはワイモバイルを異様に意識した動きをとるようになりました。こんにちのUQ mobileは、「格安SIM」業者というよりも、auのサブブランドと見た方が妥当でしょう。しかし、かけ放題となる時間やデータ通信における実効速度などを加味すれば、依然ワイモバイルの方が有利かな?という印象です。

iOS対応の面でUQ mobileはmineoに遅れをとってきましたが、iPhone5Sセット販売開始時、自社販売のiPhone5Sを除くiPhoneを動作確認端末から削除するという思い切った策に出ました。もっとも、これは不評だったためか、OS上の問題が解消されたためか、iOS10.2においてiPhone6以降への対応は再開しているようです。

ドコモ回線を利用している「格安SIM」業者では有料オプションとなっている場合の多いデータ通信のみのプランでのSMSが標準で付加されているため、この点を重視する方にはわずかではありますが割安感があります。また、実効速度の計測結果では安定して高い数値をあげているケースも見られ、玄人筋からはドコモ回線の「格安SIM」業者に伍しても高い評価が与えられている場合もあるようです。自分的には、メインで使うのには躊躇するものの、ドコモ回線でつながりにくい場合の備えとしてのサブに持っておくのには手軽でいいという意味で、案外便利に使っています。もっとも、自分が定期的に速度計測をしている結果では別段高速であるとは感じておらず、ドコモ回線系に比べるとあまり遅くもならないが速くもならないという感想を持っています^_^;A。ただし、ターボ機能をOFFにしている場合、音楽のストリーミングではやや実用上に問題を感じることが多いので、コマーシャルで「SNSも音楽も使い放題」というようなキャッチコピーを使っているのには、いささか誇大表現を感じます(ただし、私の場合は「2年縛り」を伴わない契約なので公称200kbpsであり、「2年縛り」を伴なうぴったりプランやおしゃべりプランなどの場合の公称300kbpsならいくらか違うのかもしれません)

2015年11月より、ターボ機能やデータチャージなど、通信容量に関わるサービスが追加され、やや使い勝手が向上しました。UQBoosterというアプリを利用しターボ機能をOFFにすることによって、200kbpsないし300kbps通信(契約内容によって異なる。ただ、私の実効速度計測の結果では、データ高速プランでも300kbps以上であることがほとんどです)へと切り替えて契約容量を節約することが出来ます。また、3GBまでの高速データプランの場合、余った容量(3GBまで)を翌月に繰り越すことが可能となっています。加えて、高速データプランで契約容量を使いきった場合やデータ無制限プランにおいて高速通信をしたい場合などのため、データチャージにて高速通信の容量を購入することが出来るようになりました。金額は100MBで200円・500MBで500円のためやや割高感はありますが(有効期限は90日間)500MB単位で購入すればいくらかは負担も軽減されるでしょう。ちなみに、私は基本的にターボ機能はOFFで使用しており、毎月高速通信の容量はほとんど消費していなかったりします^_^;A

私が契約した当初は、データ通信のみの契約でもウェブ上から身分証明の書類の提出を求められ、即時開通できないタイムラグが生じたという不満がありましたが、現在ではヨドバシやビックカメラ、ヤマダ電機やエディオンなどの店舗で即時開通手続きの出来る場合もあり、ややハードルは下がっているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です