【速報】ワイモバイル、3G巻き取りを開始か?


DSC_0164

厳密にはワイモバイルは「格安SIM」と言えませんが、SIMだけの契約も可能なので、いちおうこのサイトのカテゴリに含まれると解釈して扱わせていただきます。

このような案内ハガキが、先日送られてきました。自分がワイモバイルで使っている端末が3Gであるため、今後3Gの巻き取りを進めていく旨、連絡してきたようです。いまワイモバイルはソフトバンクモバイルの一部門という扱いなので、おそらくソフトバンク全体で同様の動きをしているものと思われます。

携帯電話関連でいう「巻き取り」とは、サービス停止に向けて他のサービスへの移行を働きかけていくことを意味しています。この場合は、従来3Gにて利用してきた帯域をLTE増強に充てるため、3Gの速度低下現象が起こるとされています。

安いSIMフリースマホの場合3Gというケースもありますので、そういったスマホをワイモバイルのSIMだけの契約で利用している場合は、今後同様の影響を受けることになると思われます。

従来キャリアでいちばん3Gの巻き取りに熱心なのは、通信形式の異なるauであるとよく言われているようです。au回線の「格安SIM」業者がLTE限定となっているのは、おそらくそのためだろうと思われます。「格安SIM」といちばん関わりの深いドコモについてはいまのところ巻き取りの話を耳にしていませんが、遠からず顕在化するのでしょう。

私個人はというと、ちょうど速度低下が始まる時期に、ワイモバイルで使っている端末の残債がゼロになる予定ですので、SIMだけの契約に切り替えてLTEのSIMフリースマホで使おうかなぁ?と思っているところです。

【追記】
その後、2017年3月31日に、ULTRA SPEEDと言われているワイモバイルの3Gサービスが提供終了される旨アナウンスされました。これによって、「WiFiルータとしても使えるPHS」というのがキャッチフレーズであった旧ウィルコムの端末・PORTUSが利用できなくなるそうです(契約内容によってはPHSのみ利用可能の場合もあり)。その他の3G端末も、規定の最高通信速度が低下するとのことです。私がワイモバイル端末をLTEに切り替えてから1週間程度後に、「LTE端末に切り替えたらデータ増量などサービスするよ」という案内が来たもので、機種変更を早くやり過ぎたか^_^;などとちょっとガッカリしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です