【速報】「格安SIM」のクセモノはMNP転出手数料?


「5分以内」という限定的ながら、通話かけ放題オプションを用意する業者がいくつか参入し、「そろそろ『格安SIM』への切り替えを考えてもいいかな?」と気になっている方もいらっしゃることでしょう。「格安SIM」なら「2年縛り」もないだろうし、気に入らなければ気楽に乗り換えられるのでは?という先入観から、つい先走ってしまうということもあるかもしれません。

しかし、データ通信利用のみの場合であれば制約も少ない「格安SIM」ですが、音声通話が絡んでくると必ずしもそうではないということは承知しておくべきでしょう。従来3大キャリアのように「2年たったら一定期間だけ解約可能で、その期間を過ぎたらまた2年変更お預け」というものとは違いますが、音声通話プランの契約をした場合は、「格安SIM」であっても最低利用期間を設定している業者が多いです。また、最低利用期間がない場合でも、MNP転出をする場合は従来3大キャリアよりも手数料が高くつく場合があるので、あらかじめ知っておくべきでしょう。

一例として、5分以内の通話かけ放題オプションを提供している代表的5業者から見てみましょう(以下、1)~4)までは2016年8月時点での各社ホームページチェックによります。その後、5分以内通話かけ放題オプションに参入したOCNモバイルONEを追加しました)。

1)楽天モバイル
・通話SIMの最低利用期間 12カ月(端末セットなどあるコミコミプランの場合は24カ月)
・上記期間内の契約解除手数料 9,800円(上記コミコミプランの場合は12,000円)
・MNP転出手数料 1電話番号につき3,000円

2)Freetel
・通話SIMの最低利用期間 なし
・上記期間内の契約解除手数料 なし
・MNP転出手数料 契約から1カ月目の場合15,000円~1カ月経過ごとに1,000円ずつマイナスされ、13カ月目以降は一律2,000円

3)DTI SIM
・通話SIMの最低利用期間 12カ月
・上記期間内の契約解除手数料 9,800円
・MNP転出手数料 1電話番号につき5,000円

4)IIJmio
・通話SIMの最低利用期間 12カ月(ホームページでは「利用開始日の翌月末日」とあるが、手数料を取られない利用期間は13カ月以降)
・上記期間内の契約解除手数料 契約から1カ月目の場合12,000円~1カ月経過ごとに1,000円ずつマイナスされ、12カ月目は1,000円
・MNP転出手数料 1電話番号につき3,000円

5)OCNモバイルONE
・通話SIMの最低利用期間 6カ月
・上記期間内の契約解除手数料 8,000円
・MNP転出手数料 1電話番号につき3,240円

ちなみに、従来3大キャリア及びワイモバイルのMNP転出手数料は下記のとおりです。

ドコモ 2,000円(一部例外あり)
auとソフトバンク 3,000円(一部例外あり)
ワイモバイル 新規契約月から6カ月以内6,000円・7カ月以降3,000円

良くも悪くも各社対応はバラバラですが、「格安SIM」だからお試し感覚で使ってみてもいいやとはいかないと考えていた方がいいでしょう。個人的には、本当に通話を重視する人の場合は「格安SIM」利用をデータ通信のみに留めて、通話の方は従来3大キャリアの通話かけ放題プランもしくはワイモバイルを利用するという2台持ちが依然ベターだと思いますし、それほど通話を利用していない人の場合は、思い切ってIP電話アプリやメッセンジャーアプリの通話機能の利用に切り替えて、音声通話SIMを利用しないというのを検討してみるのもありなのではないか?という気がしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)