【速報】中古スマホはauのものがおトク?


「家電批評」2016年9月号特集「スマホ&SIMフリー完全攻略」を読みました。「格安SIM」限定の特集ではありませんが、概ね自分がこのサイトにて書いてきている内容に大きく外れた箇所はなさそうだと再確認しました^_^;A。

1点、知らなかった内容で大きなものは、「auの場合、契約者本人でなくてもSIMロック解除の手続きが可能である」ということでした。つまり、SIMロック解除義務化後の2015年夏モデル以降の機種であれば、新品で入手されてから6ヵ月経過したスマホを中古で入手した場合でも、SIMロック解除の手続きをしてもらえるということになります。

「家電批評」では、この点と中古相場で安めである点をもって、「中古スマホを狙うならau機種」と結論づけていますが、はたしてこの点はそこまで言えるのか、引っかかりました。

あるスマホが「格安SIM」で使えるのかどうかには、SIMロックのほかに、その機種が対応している周波数帯という問題もあります。auが利用しているLTEの周波数帯がやや特殊であるという事情もあって、現実には「SIMフリーの格安スマホ」を謳っていてもau回線の「格安SIM」では使えないという注意書きがされている機種がありますし、SIMロック解除したauスマホをドコモ回線の「格安SIM」で利用しようとする場合は、対応している周波数帯が狭かったり対応していなかったりというケースがあり得ます。

auのホームページをみれば、SIMロック解除対応が可能な機種と、その機種が対応している周波数帯が表になって掲載されていますので、ドコモ回線の「格安SIM」で利用可能かどうかを調べるのは可能ですが、やや面倒です。

そのほかにVoLTEの互換性の問題もあるようですので、auスマホの中古を利用したい場合は、やはりmineoやUQ mobileのようなau回線の「格安SIM」業者を選んだ方が安心ですが、選択肢が限られてしまうし、SIMロック解除の必然性が薄れてしまうこととなります(VoLTEを利用したい場合は例外ですが)。「auスマホが中古市場で安い」というのは、やはりそれだけ面倒な部分があるということの裏返しだと見た方がいいような気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)