【速報】ついに登場、ソフトバンク回線「格安SIM」のインパクト


3月22日より、U mobileブランドにて、ソフトバンク回線を利用した「格安SIM」U mobile Sがサービス開始されました。U-NEXTとヤマダ電機の合弁会社Y.U mobileでも、同様のソフトバンク回線を利用した「格安SIM」サービスを提供開始すると言われています。当面はiPhone向けnanoSIM及びiPad向けnanoSIM・microSIM(データ通信専用)を提供していくようです。

これまで、接続料金が高いなどのハードルがあって、「格安SIM」で利用される回線はまずドコモ、次いでいくつかの業者がauという環境になっていて、ソフトバンク回線は利用されていませんでした。いちおうワイモバイルにおいてSIMカードのみの契約が可能であり、ワイモバイル回線を利用したU mobile SUPERというほぼワイモバイル同様のサービス内容である「格安SIM」サービスが存在しましたが、これらはSIMフリーの端末を対象としたものであり、SIMロックがされているソフトバンク端末が利用できるものではありませんでした。しかし、このたびサービス開始されるU mobile S及び「ヤマダファミリーモバイル」は、SIMロックされているソフトバンクiPhone・iPadが利用できる内容となっています。

U mobile S公式サイトでは「ソフトバンクのサービス提供エリア(4G LTE/3G)に準じます」との記載はありますが、iPhoneについてはnanoSIMのみでデータ通信だけ・SMSなしという内容からすると、実際にはLTE回線のみの提供で、3Gは非対応と思われます(動作確認端末を確認すると、いちおう初期のiPadについては3Gながら利用出来るようです)。すでにULTRA SPEEDのサービス終了が3月に予定されているなど、ソフトバンクの3Gサービスは「巻取り」が開始されていますので、iPhoneにて3G回線が今後利用される見通しは暗いと推測されます。今後音声通話対応がされるにしても、VoLTE対応機に留まる可能性があります。

動作確認端末は、やはりiPhone5以降となりました。iPhone5s以降はすでに「格安SIM」との相性がいいドコモからのiPhoneの提供が開始されているほか、ワイモバイルとUQ mobileにてiPhone5sが販売されているので、新規でiPhoneを入手するような方にはさほどメリットがないかもしれません^_^;。実際、U mobile S公式サイトでは、「昔使っていた古いiPhoneを蘇らせて2台持ちが実現できる」ことをメリットとして強調しています。

とは言うものの、ソフトバンクといえば国内の従来キャリアにおいて最も早い時期からiPhoneの提供を開始していて、「iPhoneを利用するならソフトバンクで」というイメージがあっただけに、それなりに端末は数多く流通しているものと考えられます。これらが「格安SIM」にて利用できる門戸が開かれるのであれば、恩恵を受けるユーザーも相当数いることでしょう。もっとも、音声通話非対応であるので、新たに中古のソフトバンクiPhoneを購入して使用するという動きにつながるのかどうかは、いささか首をかしげるところではありますが。

接続料の問題か、やや契約プランが割高な設定になっている点が、新規で中古のソフトバンクiPhoneを調達してまで利用すべきサービスなのか疑問を持たせる大きな理由です。1GBから7GBまでのプランは、他のドコモ回線ないしau回線の「格安SIM」業者であれば、同じ金額を出せば概ね2~3GBは余計に使えるだろうというような高額ぶりです^_^; しかし、30GBプランだけはかなり割安な印象です。使ってみないとどれだけ快適かは分からない部分はありますが、この30GBプランを狙ってみたい人にだけ、新規でソフトバンクiPhoneの中古を調達してまで試してみる必然性はありそうです。もちろん、それなりの出費とはなるでしょうが。

ようやくソフトバンクが重い腰を上げたとはいえ、今回のサービス開始に際しては紆余曲折があったようであり、ワイモバイルという「格安SIM」と競合するサブブランドを抱えているソフトバンクが今後この分野に積極的な動きをみせるのかは、大きな疑問符がつくように感じられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です