【速報】「脱獄」iPhoneのどこが問題か?


「自分のiPhoneを、キャリアに縛られず自由に使いたい」というニーズをお持ちの方は相当数いらっしゃると思います。始めからAppleにてSIMフリー機を購入できればそういう問題も発生はしないでしょうが、かなりな出費となりますので、躊躇する向きも多いでしょう。今回は、既知の情報のまとめとはなると思いますが、SIMロックされているiPhoneを「格安SIM」で利用する場合の情報をおさらいしてみましょう。

2015年夏モデル以降の端末はSIMロック解除に対応する義務があるため、iPhone6s以降は該当の手続きをすることによって、「格安SIM」で利用することが可能となります。ただし、au以外は購入者本人以外によるSIMロック解除手続きには応じていないため、ドコモやソフトバンクのiPhoneを中古で購入したとしても、SIMロック解除は不可能です。「格安SIM」業者の大半はドコモ回線を利用しているため、ドコモのiPhoneであれば、大抵の「格安SIM」業者を利用できますが、テザリングは非対応と考えた方がよろしいでしょう。ソフトバンク回線を利用した「格安SIM」業者はU mobile Sなどが登場しましたが、いまのところ音声通話非対応であり、自分がiPadで利用している実感から見ても、積極的にお勧めしたい内容とは言えません。なお、au VoLTEを利用している端末の場合は、たとえau回線を利用した「格安SIM」であっても、SIMロック解除の手続きは必須となりますので、注意が必要です。

前述のとおり、「格安SIM」業者の大半はドコモ回線を利用しているため、ドコモのiPhoneは「格安SIM」において最も使い勝手がいいといえます。ドコモのiPhone投入は他の従来キャリアより遅れており、iPhone5s/5c以降ということになりますが、他の回線を利用している「格安SIM」業者の実態をみるかぎり、これは目立った弱点とはなっていないと思います。

auのiPhoneは、ドコモのiPhoneに比べると、かなり複雑です。au回線を利用している「格安SIM」業者は数が少なく、かつLTE端末しか対応していないので、ドコモよりiPhone投入が早かったのが好条件にはなっていないのが現実です。mineoではiPhone5s/5c以降、UQ mobileではiPhone6/6Plus以降が動作確認端末一覧に掲載されています(mineoはテザリング不可・UQ mobileはテザリング可)が、iOSを10にアップデートしておく必要がある・UQ mobileではデータ通信のみのプランが利用できないなどの制約があるようです。IIJmioもau回線を利用したプランがありますが、au VoLTE対応機種限定のものなので、iPhone6s以降をSIMロック解除したうえでしか使えず(テザリング不可)、実質利用上のメリットには乏しい内容といえるでしょう。

ソフトバンクのiPhoneは、日本通信がシステム面を担っているU mobile Sなどのサービスの開始によって、「格安SIM」利用への道が開かれました。こちらもiPhoneについてはLTE端末限定であるため、iPhone5以降の機種となります(テザリング不可)。ほかの従来キャリアのものに比べるとわずかながら古い機種から対応できることとはなりましたが、いまのところ音声通話非対応であり、ほかの「格安SIM」業者に比べるとやや割高感がある割に自分の使用感としては接続状況が芳しくないので、まだまだ今後の対応を期待せざるを得ない内容であると感じています。

上記の条件に該当しないiPhoneは、基本的に「格安SIM」での利用は期待しない方がいいですが、マニアの間ではいくつかの方法が利用されています。もちろん自己責任の範疇となり、リスクを伴う内容です。

比較的安価で、実行しやすいのは、SIMカードにキャリア認識を変更させる基盤を抱かせる方法です。通称「SIM下駄」と呼ばれます。Amazonでもいくつか売られていますが、該当する機種・キャリアなどを細かく調べたうえで購入せねばならず、かつAmazonのレビューなどを見てもうまくいっていない例などが出ています。私はauのiPhone4Sで利用していますが、電源が落ちるたびにアクティベーションを求められたり、ローミング設定をONにしていなければ利用できないなど、煩わしく感じることもあります。

これよりもリスクが高いのが、「脱獄」と呼ばれる方法です。これはSIMロック解除に限らず、App Store以外からのアプリのダウンロードや設定のカスタマイズなどの自由度を高める方法として認知されています。基本的には「脱獄」用のアプリを利用してiPhoneにかけられている制限を解除するというものですが、プログラムの改変にあたるため、Appleからは公式に認められていない行為に当たります。また、セキュリティ上の危険が高まる・最悪の場合iPhoneが使えなくなるケースもありますので、生半可には手を出せないものと言えるでしょう。

「脱獄」したiPhoneを販売して逮捕されたというケースが近年報道されました。これは、改造したiPhoneをAppleブランドと誤認されうる形態で販売したことが商標法違反にあたると判断されたためです。現時点では手持ちのiPhoneを「脱獄」させて利用するぶんには違法といえないにしても、こんにちアメリカではSIMロック解除が合法化されたり違法化されたり揺れ動いており、「脱獄」もスマートフォンなら合法でタブレットなら違法などと複雑化している状況で、将来的にFTA交渉などの経緯でこれらの規制が日本に持ち込まれる可能性もあり得ます。メリットに比してリスクが高過ぎると見た方がよさげです。

ちなみに、Androidにおいて、この「脱獄」と似たようなものとして知られているものが「root化」で、やはり「脱獄」と同じようなメリット・デメリットがあるのが知られています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です