【速報】2017年、「格安SIM」はただ「安い」だけでは済まなくなった


2017年も、いよいよ終わりに近づきました。

本年は、「格安SIM」が曲がり角に来ているのを痛感させられる1年となりました。契約数こそいちおう伸びてはいるものの、鈍化していると言われます。また、ドコモ及びauが安い料金プランを打ち出したり、ワイモバイル及びUQ mobileという従来キャリアの「別動隊」が好調となったりなど、一概に「格安SIM」を選べば安くなるとも言えない環境になってきています。もちろん、「格安SIM」の場合だと、設定の問題や通信速度などの面で利便性の低下の可能性もあるので、そういった要素も考慮に含まれることでしょう。

とは言え、安くて利便性の高いサービスが受けられるようになるのであれば、「格安SIM」の存在がその起爆剤としての役割を果たしていると言えるでしょう。選択こそ難しい時代とはなりましたが、「格安SIM」は、「キャリアに縛られず好きな端末を使いたい」というニーズを満たす点では今なお有利であると言えます。先日、総務省の肝いりで「モバイル市場の公正競争促進に関する検討会」なるものの初会合が開催され、ワイモバイルやUQ mobileのTVCMや店舗展開に規制を加えるべきではという声が上がったそうですが、ユーザーの利便性の面では本末転倒な話であろうと思われます。

繰り返しとはなりますが、料金面で安くなってきたとはいうものの、従来キャリアなりサブブランドにおいては「2年(ないし3年)縛り」を受け入れられないとそのメリットを享受できないという要素が依然として強いです。ただ、一般ユーザーでそんなにしょっちゅう通信業者を変更する手間をかけたがるような人は少ないと思われるので、それはそれで理にかなっていると言えるのでしょう。これからは、「スマホを1台、とりたてて特にこだわりもなく、普通に使いたい」というレベルであれば、あえて「格安SIM」を選ばなくてもいい時代になっていくのかもしれません。

「格安SIM」は、モバイルなり端末なりにこだわりのあるユーザーに向けてその強みをアピールしていくか、楽天モバイルのように「格安SIM」単体ではなく別の事業との相乗効果を狙っていくか、そういった発想の転換が求められていくようになるのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)