【速報】春のSIM大異動を実施しました


先週もワイモバイルをシェアSIM追加して旧Freetel SIMの使用を停止したりしましたが、もう1つの課題であったOCNモバイルONEのSIMを、WiFiルータからスマホに乗せ換えるなどの作業を完了しました。

昨年末にIIJmioで20GBの大容量オプションを追加し毎月30GB利用出来る環境が整ったため、データ通信については大幅にゆとりを感じるようになりました。さらに、IIJmioでは来月から10GBコースが料金そのままで12GBに増量される予定なので、さらに毎月2GB余計に使えるようになる見込みです。

そのため、こんにちでは計測対象として有用性の低いところのほか、速度計測の際だけ使う程度になっている利用頻度の低いところも思い切って解約してしまう方向で考えています^^; このようなサイトを持っている立場としてはなるべく多くの「格安SIM」業者を利用してレビューしたいところであり、その流れに逆行してしまうのははなはだ残念なのですが、財政的な事情からコストパフォーマンスの低いと感じているところまで維持するのは厳しい状況になっています。

以下、解約等を考えている「格安SIM」業者を列挙していきます。

・スマオフ
・旧Freetel
・b-mobile(旧高速定額コース)

以上が、こんにち計測対象としてあまり有用性が感じられなくなったために、解約を考えているところです。もっとも、スマオフは5月にサービスが終了されるので自然に解約されますが^^;

加えて、

・UQ mobile
・BIGLOBE mobile

を解約の方向で考えています。どちらも、個人的な評価では、UQ mobileはワイモバイル・BIGLOBE mobileはIIJmioと同じようなことをやっていて及ばないところが多いと感じているところです。UQ mobileはSIMのみのデータ通信契約なので、2年縛りのあるスマホをセットにした契約だと扱いがだいぶ違ってくるのかもしれませんが^^;、世評ほど「特別扱い」されているところなのかなぁ?という疑問を感じているところです。BIGLOBE mobileも、エンタメフリーオプションが気になると言えば気になりますが、データ通信のみのSIMだとオプション料金の増加分が大きすぎると感じるので、こちらも自分には合わないのかな?と思っているところです。

他にも解約していいかなぁ?と思うところは二、三ありますが^^;、維持費が月5~600円程度で済むところはしばらく様子見です。あと、OCNモバイルONEは、利用目的が変わるので、月10GBコースから日割コースへコストダウンしようかと思っているところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です