【速報】楽天のキャリア参入、どこまで本気か?


このたび、楽天の通信キャリア向けの周波数割当申請が認められたそうです。早ければ2019年10月よりサービスが開始される予定とのことです。

当面の目標契約件数は1,500万件だそうです。これは既存の3大キャリアに比べればかなり少ない数値ですが、かつてのイーモバイルやウィルコムが到達しえなかったレベルであり、かなりハードルは高いといえるでしょう。加えて、投資する金額も既存の3大キャリアに比べて少ないというのが取りざたされています。

楽天の三木谷社長は、投資額については妥当であり、かつ現在の楽天モバイルのユーザーを自社回線にくら替えさせていくという強気な発言をしているようですが、その実リップサービスではないか?という気がしないでもないです^_^;。

以前、私は楽天モバイルについて、会員囲い込みの一環として展開しているものであり単体での収益にはあまり期待をしていないのではないか?との推測を書いたことがありましたが、今回の周波数獲得も、ブランドロイヤルティの高い会員向けにmineoのプレミアムコースのようなサービスを展開するためではないか?という気がしないでもないです。「格安SIM」サービスだと、どうしてもピーク時に実効速度が著しく低下してしまう弱点がありますので、既存の楽天モバイルのサービスを補完する形で自社回線を展開していくということであれば、投資額の少なさも納得がいきそうです。ただ、今回の参入に際して、将来的には自社回線で全国展開できるようにしてほしいという条件がつけられているようですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です