「格安SIM」関連用語集


このページでは、「格安SIM」に関連した専門用語を紹介しています。

「格安SIM」
MVNO
SIMカード
IP電話
Windows Phone
公衆無線LAN
ファブレット
PDA
フィーチャーフォン
VoLTE
通話かけ放題サービス

「格安SIM」
日本では長らく、通信回線を保有している業者が直接エンドユーザーにスマートフォン・ガラケー・モバイルルータといった通信端末を販売して利用契約をむすぶという形態が主流でした。

これに対して、通信回線を保有していない第三者が通信回線を保有している業者からインフラを借り受け、低廉な料金から利用できるプランを設定してエンドユーザーに提供するというビジネスが近年盛んになってきました。こんにちでは通信端末とのセット販売も多くなりましたが、このような業者は通信に利用できるSIMカード単体の提供から始まったため、「格安SIM」という通称が定着するようになりました。

「格安SIM」業者が介在するのに通信料金が「安い」理由としては、次のような理由が想定できます。

  • 通信回線を保有している業者にとっては、直接多人数のエンドユーザーを管理するよりも、大口のエンドユーザーを管理してくれる業者に一括でアウトソースした方が手間が省けるため、安く回線を卸すことが可能となる
  • 「格安SIM」業者にとっては、家電量販店でのSIM販売やもっぱらウェブを利用した利用手続きなどを導入しているため、通信回線を保有している業者に比して通信設備や店舗に対する投資が少なくて済む場合が多い
  • 従来キャリアが音声通話とデータ通信をセットにした場合が多いなど高額・高サービスを志向しているのに比して、「格安SIM」業者はエンドユーザーが直接に欲しているサービスのみに限定して安く提供するのを志向しているため、結果として安く見える

たとえ「格安SIM」業者であっても、音声通話を付加したり通信端末を新規購入したりなど、従来キャリアと同様なサービスを求めようとする場合は必ずしも「格安」とはならないケースがありえます。そのため「格安SIM」という呼び方は個人的には適切でないと思っていますが、こんにちすでに「格安SIM」という通称が定着してしまっており、当サイトはこれから「格安SIM」導入を検討している方を対象としているため、いちおうこの呼び方を採用しています。しかし、「必ずしも格安になるわけではない」という点に注意を促す趣旨で、「格安SIM」をカッコ書きにすることとしています。

MVNO
「格安SIM」業者に代表されるような、自社で通信網の設備を持たず他社からインフラを借り受けてエンドユーザーに提供する業者をMVNO(Mobile Virtual Network Operator=仮想移動体通信事業者)と呼びます。必ずしも「格安SIM」業者=MVNOという意味ではなく、ディズニー・モバイル・オン・ソフトバンクなどのように独自のサービスを提供する趣旨でMVNOが利用されているケースも存在します。
(ディズニー・モバイル・オン・ドコモは、ディズニー・モバイル・オン・ソフトバンクと異なり、NTTドコモの1ブランドとして扱われているものです。
なお、2017年にディズニー・モバイル・オン・ソフトバンクはサービス提供を終了し、ディズニー・モバイル・オン・ドコモと類似した形態に移行する模様です)

SIMカード
スマートフォン・モバイルルータなどの通信機器に挿入する、加入者を特定するためのIDが記録されたカードのことを差します(Subscriber Identity Module Card)。類義語としてUIMカード・USIMカードといったものも使われています。WiFiで接続する場合を除き、スマートフォンやモバイルルータなどでデータ通信する場合はSIMカードを挿入することが必須となります。

SIMカードは、大別して標準SIM・microSIM(ドコモではminiUSIMとも)・nanoSIMの3種類があり、標準→micro→nanoとなるに従って小型化していきます。SIMカードは各々の通信機器に搭載されているスロットによって利用できる種類が決まっており、使いたい通信機器がどのSIMカードに対応しているのかは確認しておく必要があります。小型のSIMカードを大型のSIMカード同様に使えるようにするためのアダプタ・大型のSIMカードを小型のSIMカード用のスロットに挿入できるようにするためのカッターといったものも流通してはいますが、SIMカードが取り出せなくなる・破損するなどトラブルが発生するリスクが存在し、かつSIMカード提供者からのサポートが受けられなくなるため、必要な場合は素直にSIMカード提供者に交換してもらう方が望ましいです(ほとんどの場合、交換時手数料がかかります)。

SIMカードは、カードの提供者からの貸与物に当たり、契約終了時には返却する必要があります(プリペイドの場合を除く)。返却できない場合は、別途手数料が必要となります。

IP電話
通常の音声通話は、通信の双方のコネクションを確立し回線を占有する、回線交換方式が採用されています。これに対して、インターネットと同様のパケット通信による音声通話を通称IP電話と呼びます。回線を占有しないため伝送路や交換設備等の利用効率は高く低コストでの通信が可能となりますが、反面通信の品質等を確保するのは困難であるといわれます。

以前は専用の機器やPCを利用したものや回線交換方式の番号への通信をサポートしていないものが多く使い勝手の悪い印象がありましたが、スマートフォンなどで利用でき回線交換方式の番号への通信が可能なアプリが登場するに到って、格段に注目が高まりました。

LINEやfacebookメッセンジャーなどでの通話機能も、仕組みはIP電話と同様です。ただし、LINE電話はIP電話ではなく、回線交換方式での通話だそうです。

LTEにおける音声通話に用いられるVoLTEもパケット通信であるという点ではIP電話のカテゴリに含まれますが、VoLTEの場合は専用の帯域幅を用意することによって通信の品質等を確保しています。

Windows Phone
マイクロソフトが開発しているスマートフォン向けのOSです。日本ではauから1機種出たきりの状態が数年つづいてきましたが、近年SIMフリーの国内端末がいくつか発売もしくは発売予定となっており、特にWindowsPCとの連携の面などから注目を集めるようになって来ています。

スマートフォンの黎明期、遡ってPDAの時代にWindows MobileというOSの端末が存在しましたが、バージョンの番号自体は一見連続しているようにみえるものの、Windows Phoneとは互換性のない、まったく別のOSです。注意が必要です。

公衆無線LAN
飲食店や駅、コンビニその他のさまざまな施設において提供されている、無線LANを利用してインターネットへ接続出来るサービスをいいます。Wi-Fiが利用可能な端末であれば、PCなどSIMカードが挿入できないもの・挿入していないものでもインターネットが利用できるようになります。また、スマホなどSIMカードを挿入しているものであっても、限られた契約容量を節約するため、公衆無線LANが提供されているエリアでは公衆無線LANを用いてインターネットを利用するというユーザーもいます。

公衆無線LANの提供形態には、さまざまなものがあります。携帯端末キャリアが契約者へのオプションサービスとして展開しているもの・公衆無線LANのアクセスポイントの設置を独自で展開しているもの・飲食店その他の施設が顧客へのサービスとして設置しているもの、あるいはそれらの複合体となっているものなどがあります。

docomo Wi-Fiは、ドコモで端末を契約していなくても、docomo Wi-Fiの利用単体で契約が可能です。公衆無線LANのアクセスポイント利用が単体で契約できるものとしてはWi2 300やBBモバイルポイントなどが存在します。いずれの場合も、それぞれのサービスの利用できる場所には、入り口近辺などにステッカーを貼って明示されていることがほとんどです。

公衆無線LANには無料のものも存在しますが、こういったものの場合、通信が暗号化されていないもの・古い暗号形式が利用されているものも存在します。この場合、盗聴されるリスクがありますので、利用には注意を払う必要があります。

ファブレット
タブレット的な用途も念頭に置いた、大型のスマートフォンをこう呼ぶ場合があります(Phone+Tablet→Phablet)。こういう場合、概ね画面サイズが5インチ以上7インチ未満のものを指すようです。

PDA
Personal Digital Assistantの略称で、電子手帳のような用途を念頭に置いたデジタル端末を、かつてこう呼んでいました。命名者は当時のAppleのCEO・ジョン・スカリーです。AppleのNewton Message Padは最初期のPDAとして著名ですが、一般的に普及するようになったのはPalmの登場以降といわれます。日本ではシャープのZaurus、ソニーのClieなどが代表格でした。

単にスタンドアローンで使うだけでなく、PCとスケジュールやアドレス帳などの同期が可能であるという点が売りの1つでした。また、PalmOSやWindows Mobileなどの汎用的なOSを用いていて、ユーザーが自由にサードパーティーのアプリをインストール出来、ゲームや電子書籍、動画鑑賞等のマルチメディア端末としても利用が可能でした。

やがてPHSモジュールの搭載されたPDAが発売されたり、AirH”などのデータ通信カードを挿せるスロットを備えたPDAも見られるようになり、そうでない場合もWi-FiやBluetoothは大半のPDAで標準装備とされるなど、PDAでの通信機能は拡充されるようになり、現在のスマートフォンと近い形態へと変化していきました。OSの観点から見ると、黎明期のスマートフォンはPDAに通話機能が付加されたものという言い方も出来ます。しかし、iPhoneやAndroidの搭載されたスマートフォンやタブレットの普及につれていずれも取って代わられてしまい、PDAという呼称自体過去の物となってしまった感があります。

個人的な意見では、PDAがあまり普及しなかった理由として、「何に使う端末なのか、明快な説明が出来なかった」からではないかと思っています。

フィーチャーフォン
一般にスマートフォンの対義語として用いられています。厳密には同一ではありませんが、日本においては「ガラケー」(=ガラパゴスケータイ)とほぼ同じと考えてよいでしょう。

一般的なユーザーにとっては、スマホもガラケーも「多機能な携帯電話」であり、その区別については分かりにくいと捉えられるかもしれませんが、スマホがAndroidやiOS、Windows PhoneといったオープンなOSによって稼動している実質小型パソコンであると捉えられるのに比して、OSがクローズドでアプリの作成やインストール等に自由度の低いのがガラケーであると一般的には考えられます。また、タッチパネルで操作することの多いスマホに比して、ガラケーの場合はテンキーを備えていることがほとんどです(ごくわずかですが、テンキーを装備したスマホが過去にはありました)。

近年では、スマホのOSを採用しながらも、テンキーを装備したりカスタマイズの自由度を低めたりしてガラケーに使用感を近くした「ガラホ」(=ガラパゴススマートフォン)も発売されるようになりました。

ちなみに、ガラケーで「格安SIM」は使えるのか?という疑問が生じますが、ガラケーであるとAPNが固定されているため、通話やSMSは利用可能であるもののデータ通信は利用不可であるらしいです(私は試していないです^^;)。現状では「格安SIM」をガラケーで使うメリットはほとんどないでしょう。

これまで、b-mobileから「携帯電話SIM」という通話とSMS限定のプランがありましたが、2015年8月にFREETELよりSIMフリーのガラケー・simple(FT142F)が新たに発売され、この機種専用の通話とSMSだけのプランがFREETELにて設定されました。しかし、ともに定額制ではありませんので、通話時間の長い人は高額となるリスクがあります。

VoLTE
LTEでサポートされているのはパケット通信だけであるため、従来のLTEスマートフォンでは音声通話回線として3G通信を併用する形態となっていました。そのため、LTEのみで音声通話までサポート出来るように実現させたのがVoLTE(Voice over LTE)です。

パケット通信であるという点ではIP電話のカテゴリに含まれますが、通話での通信と通話以外のインターネット通信がごっちゃに扱われるため通信の品質等の面で信頼性に問題が生じる従来のIP電話に対して、VoLTEでは専用の帯域幅が確保されており、通信の品質等を高めるようになっています。そのため、VoLTEによる通話の品質は3Gの回線交換方式による音声通話以上であるとされています。

こんにち従来3大キャリアでは揃ってVoLTEを導入し始めてきていますが、いまのところ違うキャリアへの通信の場合にはVoLTEでの通話は出来ず、いまなお3G併用という状態になっているようです。また、ソフトバンク(ワイモバイルを含む)のVoLTEはいまのところ緊急電話非対応であり、これも3G併用となっているようです。

VoLTEに対応しているドコモのスマホに「格安SIM」を挿して使用する場合、SIMロックを解除しなくてもVoLTEは使用可能ですが、ビデオコールは使えないと言われています。いっぽう、VoLTEに対応しているauのスマホをau回線使用の「格安SIM」で利用する場合は、SIMロック解除をしないとVoLTEが使用できないとのことです。

通話かけ放題サービス
スマートフォン等に標準でインストールされている電話アプリではなく、「格安SIM」業者が提供している通話アプリを利用することによって、通話料金を通常の半額にしたり、1~5分までの通話かけ放題サービスが提供されたりしている場合があります。これらは、ほとんどがプレフィックス番号を付加することによって、自社で安く提供できる通信経路を選択させる仕組みとなっています。プレフィックス番号とは、「電話番号を非通知にする際の184」など、実際の電話番号を入力する前に特定の機能を付加するために付ける番号を指します。よって、「格安SIM」業者が提供している通話アプリは、大抵の場合電話発信の際ユーザーに意識をさせずプレフィックス番号を付加する機能を持ったダイアラーということになります。この種の通話アプリが提供開始された当初は、「格安SIM」ユーザーに限らず従来キャリアユーザーをも対象として「通話料金が半額になる」という謳い文句が用いられていましたが、こんにちでは「格安SIM」業者が通話かけ放題サービスを提供するための仕組みとして定番になっています。もっとも、この仕組みは回線交換方式、つまり3Gにおける音声通話の技術に依存しているため、3Gの巻き取り及びVoLTEの普及によって中長期的に存続していけるのかどうか、不安な要素があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です